ゼロ魔SS投稿掲示板




No.10793の一覧
[0] 天使を憐れむ歌 【ゼロ魔×エヴァ】【オリ設定の嵐】[エンキドゥ](2014/03/14 23:48)
[1] プロローグ 赤い海の畔で[エンキドゥ](2009/08/15 09:27)
[2] 第一話 召還[エンキドゥ](2013/03/09 22:48)
[3] 第二話 見知らぬ世界[エンキドゥ](2013/03/09 22:56)
[4] 第三話 2日目 その1 疑惑[エンキドゥ](2013/03/09 22:51)
[5] 第四話 2日目 その2 探知魔法[エンキドゥ](2013/03/09 22:54)
[6] 第五話 2日目 その3 授業[エンキドゥ](2013/03/09 22:57)
[7] 幕間話1  授業参観[エンキドゥ](2013/03/09 23:00)
[8] 第六話 2日目 その4 決闘?[エンキドゥ](2013/03/09 23:04)
[9] 第七話 2日目 その5 決意[エンキドゥ](2013/03/09 23:14)
[10] 第八話 3日目 その1 使い魔の1日[エンキドゥ](2013/03/09 23:09)
[11] 第九話 3日目 その2 爆発[エンキドゥ](2013/03/09 23:13)
[12] 第十話 虚無の休日 その1 王都トリスタニア[エンキドゥ](2013/03/09 23:18)
[13] 第十一話 虚無の休日 その2  魔剣デルフリンガー[エンキドゥ](2013/03/09 23:23)
[14] 第十二話 土くれのフーケ その1 事件[エンキドゥ](2013/03/09 23:40)
[15] 幕間話2 フーケを憐れむ歌[エンキドゥ](2013/03/10 05:17)
[16] 第十三話 土くれのフーケ その2 悪魔[エンキドゥ](2013/03/10 05:19)
[17] 第十四話 平和なる日々 その1[エンキドゥ](2013/03/10 05:21)
[18] 第十五話 平和なる日々 その2[エンキドゥ](2013/03/10 05:23)
[19] 第十六話 平和なる日々 その3[エンキドゥ](2013/03/10 05:24)
[20] 第十七話 王女の依頼[エンキドゥ](2013/03/10 05:37)
[21] 第十八話 アルビオンヘ その1[エンキドゥ](2013/03/10 05:39)
[22] 第十九話 アルビオンへ その2[エンキドゥ](2013/03/10 05:41)
[23] 第二十話 アルビオンへ その3[エンキドゥ](2013/03/10 05:43)
[24] 第二十一話 アルビオンへ その4[エンキドゥ](2013/03/10 05:44)
[25] 第二十二話 アルビオンへ その5[エンキドゥ](2013/03/10 05:45)
[26] 第二十三話 亡国の王子[エンキドゥ](2013/03/11 20:58)
[27] 第二十四話 阿呆船[エンキドゥ](2013/03/11 20:58)
[28] 第二十五話 神槍[エンキドゥ](2013/03/10 05:53)
[29] 第二十六話 決戦前夜[エンキドゥ](2013/03/10 05:56)
[30] 第二十七話 化身[エンキドゥ](2013/03/10 06:00)
[31] 第二十八話 対決[エンキドゥ](2013/03/10 05:26)
[32] 第二十九話 領域[エンキドゥ](2013/03/10 05:28)
[33] 第三十話 演劇の神 その1[エンキドゥ](2013/03/10 06:02)
[34] 第三十一話 演劇の神 その2[エンキドゥ](2014/02/01 21:22)
[35] 第三十二話 無実は苛む[エンキドゥ](2013/07/17 00:09)
[36] 第三十三話 純正 その1 ガンダールヴ[エンキドゥ](2013/07/16 23:58)
[37] 第三十四話 純正 その2 竜と鼠のゲーム[エンキドゥ](2013/10/16 23:16)
[38] 第三十五話 許されざる者 その1[エンキドゥ](2014/01/10 22:30)
[39] 幕間話3 されど使い魔は竜と踊る[エンキドゥ](2014/02/01 21:25)
[40] 第三十六話 許されざる者 その2[エンキドゥ](2014/03/14 23:45)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[10793] プロローグ 赤い海の畔で
Name: エンキドゥ◆37e0189d ID:2bbbedfc 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/08/15 09:27
プロローグ  赤い海の畔で

「気持ち悪い・・・・・」
そう言い残して、アスカはLCLの海に還っていった。

地上にただ一人残されたシンジは慟哭していた。

どちらかが、どちらかを殺す。

二人ともにそうしなければ、死ねない体になっていた。

ふたり共に生き残る選択肢は、アスカが拒否をした。

持ち前の、サデスティックな物言いで少年を追い詰め、自分を憎ませて行った。

とうとう、シンジはアスカの首に手をかけ、そこからアンチATフィールドを流し込んだのだ。

シンジは泣いた。

最後の一人となったことに。

自分の罪の深さに。

魂の消えるほどの悲しみで。

出来ることなら彼女の後を追いたかった。

だがそれは出来なかった。

神の依り代たる自分の中に。

LCLの海の中に消えたすべての生き物の命の実があり。

それが自分を海に入れることを拒んでいる。

自分自身の水に対するトラウマもあり、その恐怖も拭い切れていなかった。

それに、シンジには遺言があった。

「しっかり生きて、それから死になさい」

自分を復讐の駒とし、利用し、死ぬような目に合わされたこともあった。

それでもシンジは、

上司であり同居人であり、また姉であった葛城ミサトを憎むことが出来なかった。

ほのかな恋心も抱いていた。

自ら死ぬことは、この遺言にそむくこと。

シンジは死ぬまで生きなければならなかった。


死のうと思って死ねるかどうかは・・・わからなかったが。



最初の1年はひたすら海を見ていた。

いつか、海から還って来る人を出迎えるため。

だが、地上の壊滅状況はひどく、もし今大量の人間が帰ってきても生活することは出来ないであろう。

それどころか、食料が無い。

いや、まるで無いわけではない、しかし未だ食料を無機物より合成するすべは無く。

貯蔵してある食料などは、2年ほどで食い尽くしてしまうであろう。

まず草木が生え、人の食料になる他生物が溢れかえってこそ人は生きていけるのだ。

だが、1年待っても、草一本生えては来なかった。

シンジはこのまま、自分も餓死できればとは思った。

が、

シンジの体のどこか、もしくは細胞のひとつひとつにあるのかはわからないが、

S2機関がその肉体を維持していた。

そのくせ、腹は減り、のどは渇くのだ。

シンジはそれらを体に感じるたび、赤いLCLの海の水を飲んでいた。





2年目から、海の見える場所でチェロを奏で始めた。

いつか、還って来る。いつか、還って来る。
いつか、還って来る。いつか、還って来る。
いつか、還って来る。いつか、還って来る。
いつか、還って来る。いつか、還って来る。

この海の中できっとみんなが、耳を澄まして聞いてくれる、聞いてくれている。


そんな妄想だけが、彼の心の慰めだった。


恨みを、憎しみを、悲しみを、楽しさを、喜びを、好きだった人を、嫌いだった人を。

その思いのたけをすべてチェロに籠め音楽を奏でていた。


“波の音に負けているかも知れない”

そんな発想が、シンジのチェロの腕を上げ、ATフィールドの応用を思いつかせた。

しかし、

弦が切れ、チェロそのものが劣化し始めると、

新しい弦を新しいチェロを探しに世界中を飛び回る必要があった。

シンジは文字通り世界中を飛んでチェロを、その部品を探し回った。

いつしか、

世界中のチェロはほとんど使いつぶし、シンジはチェロを弾くことが困難になっていった。

いや、世界中の楽器どころか、文明の名残そのものが乾燥や湿気その他の要因でなくなり始めたのだ。



最後のチェロの弦が切れ・・・・音楽を奏でられ無くなると・・・・。

シンジの心もゆっくりと、ゆっくりと壊れて行った。















だから、シンジは眠ったのだ。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023235082626343