Muv-LuvSS投稿掲示板




No.18953の一覧
[0]  マブラヴ+SRW α アフター (チラシの裏から移転)[まくがいば~](2014/03/30 23:28)
[1]  マブラヴ+SRW α アフター  プロローグ[まくがいば~](2014/03/30 02:06)
[2]  マブラヴ+SRW α アフター  第一話[まくがいば~](2014/09/14 03:31)
[3]  マブラヴ+SRW α アフター  第二話[まくがいば~](2014/03/30 02:04)
[4]  マブラヴ+SRW α アフター   第三話[まくがいば~](2014/03/31 20:49)
[5]  マブラヴ+SRW α アフター   第四話[まくがいば~](2014/03/30 02:03)
[6]  マブラヴ+SRW α アフター  第五話[まくがいば~](2014/03/30 02:03)
[7]  マブラヴ+SRW α アフター  第六話[まくがいば~](2014/03/30 02:03)
[8]  マブラヴ+SRW α アフター  第七話[まくがいば~](2014/03/30 02:02)
[9]  マブラヴ+SRW α アフター  第八話[まくがいば~](2014/03/30 02:02)
[10]  マブラヴ+SRW α アフター  第九話[まくがいば~](2014/03/30 02:01)
[11]  マブラヴ+SRW α アフター  第十話[まくがいば~](2014/03/30 02:01)
[12]  マブラヴ+SRW α アフター  第十一話[まくがいば~](2014/03/30 02:00)
[13]  マブラヴ+SRW α アフター  第十二話[まくがいば~](2014/03/30 02:00)
[14]  マブラヴ+SRW α アフター  第十三話[まくがいば~](2014/03/30 01:59)
[15]  マブラヴ+SRW α アフター  第十四話[まくがいば~](2014/04/12 00:53)
[16]  マブラヴ+SRW α アフター  第十五話[まくがいば~](2014/04/24 01:00)
[17]  マブラヴ+SRW α アフター  第十六話[まくがいば~](2014/06/16 21:14)
[18]  マブラヴ+SRW α アフター  第十七話[まくがいば~](2014/08/24 21:53)
[19]  マブラヴ+SRW α アフター  第十八話[まくがいば~](2014/08/24 21:56)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[18953]  マブラヴ+SRW α アフター  第十五話
Name: まくがいば~◆498b3cf7 ID:55379863 前を表示する / 次を表示する
Date: 2014/04/24 01:00

 新西暦の世界では。

「ところで、サニー?」
 基地内大浴場で、アスカは湯船に浸かりながら、レイと仲良く背中の流しあいっこをしているサニーに訊
く。
「はい、なんでございましょう?」
「ゴタゴタ騒ぎで聞きそびれたんだけど、シンジや大作たちの生存根拠って何? 早乙女博士は何か掴んで
いるみたいだけど、アンタも同じなの?」
 思い返せば、サニーは登場の時にすでに大作は生存している、という確信を持っていた。二世の契り、と
か赤い糸とか言っていた気がするが、そんな精神的なモノではなく、絶対的な確証をサニーは握っているア
スカは思っている。
「簡単なことですわ。大作様の記憶を、私が共有していると先ほどお話しましたわよね」
 コシコシとスポンジでレイを泡まみれにしているサニーが、あっさり答えてくれる。
「その記憶は、生きている大作様と繋がっているからこそ、共有できる仕組みなのです。ですから、私が知
らない、皆様のお活躍を思い出せる、ということは大作様の生存を示すことになるんですの」
 まさか、世界を超えて繋がるとは思いませんでしたわ、とサニー。どういう理屈で繋がっているのか、理
解できないが、サニーが言う事が正しければ、大作の生存は間違いないようだ。なら、傍にいたシンジも、
という期待が、高まってしまうアスカだった。
「早乙女博士は、ゲッター線関係で、何かに気づいたようですわね。佐渡島にソレがあるみたいですわよ」
「ゲッター線…… どうにも好きになれない……」
 泡ダルマ状態になったレイが、ポツリと呟く。人類を霊長へと導いた宇宙線、確かに胡散臭くあるとは思
うアスカだが、レイほどネガティブな思いはない。
「ホント、どうなるのかしらね、これから」
 楽しそうに身体の洗いっこをする二人を見ながら、アスカはどうやればシンジを助けにいけるのか、当て
もなく思い馳せるのだった。


 佐渡島、地球の命運を掛けた一戦の舞台となったこの島も、今は夜に包まれている。住民の避難は続いて
おり、無人のこの島は今朝方、一大決戦があったことが信じられない静けさに包まれていた。
「ツワモノどもの夢の跡、って感じかな?」
 山頂に立ち、エヴァンゲリオン初号機が大怪球を止めた際にできた跡を見ながら、司馬宙は呟いた。
『宙さん、季違いだし、そういう意味の俳句じゃなくてよ』
 笑いを含んだツッコミを入れてきたのは、宙のパートナーの卯月美和。彼女は、鋼鉄ジーグのサポートマ
シン、ビッグシューターに搭乗し、佐渡島上空を旋回飛行中だ。
「学がないモンでね。で、どうよ、ミッチー?」
『今のところ、佐渡島周囲に異常は検知できないわ。そっちはどうなの?』
「そっか…… こっちは、まぁ、日があるうちには、よく見えなかったんだけど……」
 と、宙は、自分が今見ているモノを、訝しげに眺めながら、言う。
「なんだ、こりゃ? って感じだな」
 宙が見ているのは、自身が見上げる数メートル上空にある、1メートルに満たない、謎の球体だった。透
明に近く殆ど透けている、実体があるのかないのかもよく分からない、気体の塊とも見えるモノ。
「これが、シンジやリョウ達の行った場所に繋がっているゲートみたいなモンなのかね?」
 この謎の球体がいつ出来たのかは、詳しくわかっていない。宙がここに来たのは、早乙女博士の意を受け
たミチルに頼まれたからだった。
 ミチル曰く、父の考えが正しければ、ジャイアント=ロボ及びエヴァンゲリオン、そして大怪球消失ポイ
ントには、何がしかの痕跡があるはずだと。それを調べてきてくれと頼まれたのだが、
「ホント、なんだこりゃ?」
 こんなに呆気なく観測できるとは思っていなかった宙は、拍子抜けする思いだ。
「お前の見立てはどうだ、ボルフォッグ?」
 宙の呼びかけに答え、何もない空間から浮かび上がる巨影が一つ。GGG所属の勇者ロボ、ボルフォッグ
だ。早乙女研究所で機能不全に陥ったボルフォッグだが、夕刻には緊急メンテナンスの甲斐あって回復し、
宙の調査に動向したのだった。
『この球体からは、多量のゲッター線の流失が確認されます。それによって、重力異常、空間異常が起きて
いるかと推察致します』
 球体は、ボルフォッグの目線の位置に浮いている。それで、だいたいの距離を目測している宙だが、ボル
フォッグの報告を聞いても、ソレがなんなのか、まったく想像つかない。
「しっかし、俺たち、浅間山ではイイトコなかったよなぁ」
 宙が思い出すのは、浅間山、早乙女研究所での出来事。真ゲッターの暴走に備える為とはいえ、大怪球相
手には何も出来ず、しかも真ゲッターが暴走した際にも、何も出来ずに意識を失ってしまった。自身の不甲
斐なさに、身を切る思いを宙は味わっていた。
『まったくです……』
 同じく、機能不全に陥ってしまったボルフォッグが言う。
 あの時のことを思い出すと、宙の記憶はバッタリ途切れてしまう。ゲッタードラゴンと廃棄ゲッターが戦
い始めたと思ったら、白い何かを知覚し、その次の瞬間、宙の意識は途切れていたからだ。鉄也も同じだと
言っていた。生身の鉄也はまだしも、サイボーグの宙や、勇者ロボのAIにさえ影響を与えたあの白い光は、
ゲッター線の産物なのだろうか。
 考えても答えがでないことに、宙は頭を巡らしていた。顔には出していないが、シンジやゲッターチーム
が行方知れずになったことに、自分でも思っている以上に、宙は責任を感じているのだろう。
「ま、とりあえず俺たちの当面の任務は、ここの確保ってところだな」
 球体に向けていた視線を下ろし、周囲を見回す宙。ここから消えた連中は、いったい今どこにいるのだろ
うかと、思いを馳せていると……
『宙さん、ボルフォッグ! エネルギー反応感知! 何かが空間転移してくるわ!』
 哨戒をしていた美和から、金切り声の報告が。
『これは、フォールド反応!? 何かがフォールドしてきます! 反応至近、注意してください!!』
 美和に続いて、ボルフォッグも異常を検知したようで、中空を見回しながら、宙に警戒を喚起させる。
「注意、って言われても、来たか!?」
 フォールドアウトの反応、バルキリーサイズの何かが視界の端に出現したのを宙は見つけ、そちらに顔を
向ける。
 赤い機体が、無理なフォールドアウトの影響からか、不安定にグラつきながら、こちらに向かって飛んで来ている。
 その赤い機体は、宙、ボルフォッグともに見覚えがある機体だった。
「あれって……」
『はい、熱気バサラ隊員が乗っていたVF―19改、ファイヤーバルキリーです』
 マクロス7船団は、先年、あっさり居住可能惑星【エデン】を見つけ、そこに入植を開始、バサラも遥か
彼方のその惑星に落ち着いていたはずだが……
 ガォーク状態だったファイヤーバルキリーは、無茶苦茶な急上昇、錐揉み飛行をし、ついに態勢を安定さ
せる。そして、佐渡島上空に、魂の叫びが響き渡った。
『てめえら、戦ってないで、俺の歌を聴けぇ!!』
 ……どうやら、エデンで大怪球争乱のことを知り、単機で地球までやってきたと思われる熱気バサラ。シ
ャウトの後、例のごとく歌を始めようとしたが、
『……なんだ、観客がいねぇじゃねぇか?』
 もうとっくに戦闘状態は終結していると知り、ふてくされ気味に歌うのをやめた。
そして宙たちがいる場所にファイヤーバルキリーがガウォーク形態で降下してきたのを見ると、宙たちが
いるのは分かっていたようだ。
「……半日、遅かったみたいだな」
『そのようですね』
 戦闘状態の軍事勢力を観客と呼ぶ、相変わらずなバサラを眺めながら、呆気にとられたように呟く宙とボ
ルフォッグだった。



 そして、シンジ達の跳ばされた世界では。

「シンジさん、今頃美味しいもの、食べているのかなぁ」
 不知火という、新手の戦術機四機を迎え、賑やかになった名も無き島。留守番役を自らに任じた草間大作
は、砂浜に設置されていく居住性の良さそうな大型テントを眺めながら、キャンプ用の簡易カマドを使って、
計十三人に増えた食い扶持のため、夕食用のご飯を炊いていた。
「戦艦で、殿下とご飯なら、きっといい物出ているよ。ボクも行きたかったなぁ」
 と隣で大作を手伝っている、鎧衣美琴が、彼女らしい呑気な感想を漏らす。彼女以外の訓練兵も手伝おう
とはしてくれたのだが、カマドでご飯を炊くスキルは無いようなので、遠慮してもらった。
 他の訓練兵は、教官である神宮寺まりもと共に、正規兵である不知火のパイロット―こちらでは衛士と言
うらしい―と共に、生活空間の拡充を手伝っている。
「しかし、いきなりだったよねぇ」
 プラスチック製の筒で、火を調節しながら、大作の思いを察するように言う美琴。美琴が言う、『いきな
り』とは、無論、不知火四機と、A―01デリング中隊の面々の来訪のことだ。
 事前、というか直前に不知火という戦術機が四機ほど、この島に向かっているとまりもに知らされ、説明
を聞く間もなく、その四機がジャイアント=ロボの哨戒範囲に接触、まりもが保証したので一応警戒しなが
らも、その四機が上陸するのを見守った大作。
 そして、先ほど武が着ていたのと微妙に意匠が違うパイロットスーツ―こちらでは強化装備と言うらしい
―を来た六人が、ワラワラと降りてきて、大作の前に整列して敬礼してきた。
 隊長代理という平慎二中尉が代表で挨拶、香月夕呼と言う今、自分側のシンジが会っている重要人物の命
令でここに来たと言った。
 目的は、大作たちがこの島である程度の期間滞在できるだけの設備の設置と、大作たちの護衛とのこと。
 断る理由も浮かばなかったので、承諾すると戦術機で持ち込んだ設備をせっせと設営し始めた彼ら、どう
も自分に対して一線を引いているのを大作は感じていた。
 そのことを美琴に漏らすと、彼女は笑って「仕方ないよ」と大作に言う。
「あのロボに睨まれたらね」
 と筒で差したのは、未だに不知火をガン見しているジャンアント=ロボの姿が。ロボのAIは、その主ほ
ど彼らを信用していないようだ。
「タケルさん達と違って、武装してきているから、ロボが警戒しているんですよ。あの銃口が動いた瞬間に、
ロボは問答無用でシラヌイを破壊しますね」
 と、大作は自分の持っている筒で、不知火四機を指した。四機のうち二機は資材運搬をメインにしたのか、
小銃タイプの武器を手に一丁持っているだけだが、他の二機は両手に小銃を装備し、背中に長刀タイプの近
接兵器を二刀ずつ装備している。人が乗っていないのは気配でわかる大作だが、遠隔操作できるかもしれな
い機体が武装して待機している状態では、ロボは警戒モードを解かないだろうと大作は言う。
 大作と話をしていて、美琴はジャイアント=ロボは大作による完全遠隔操作のロボットではなく、高度な
人工知能を搭載した、半自立型ロボットなのだと思い至る。
「何だか、ロボって心配性のお父さんみたいだね」
 何気なく言った美琴の言葉、彼女には深い考えがあって言った訳ではないだろうが、その言葉は深い意味
をもって大作の胸に染み込んでいく。
「そう、ですね」
 思い出すのは、父から託されたあの言葉。
『幸せは犠牲なしには得ることはできないのか、時代は、不幸なしに乗り越えることはできないのか』
 大作の中で、その答えはまだ出ていない。ずっと、ずっと探し続けている。
 いつか、自分が見つけた答えを、父の魂に示すために。
「……あの、いいですか?」
 不意に声を掛けられ、思いから覚める大作。見ると、あのライン際立つ強化装備とやらを着た、細身の少
女が傍に来て自分たちを覗き込んでいる。
「えっと、霧島少尉でしたっけ?」
 ザッとされた自己紹介で、この赤毛の少女が霧島愛(きりしま まな)ということは覚えていた大作、顔
が赤らむのを抑えながら訊くと、自分の十倍は緊張していると思われる愛が、
「テントの設営が終わりましたので、平隊長代理がお越し願いたいとのことです!」
 敬礼して言ってきた。ロボが威圧しているから、無理もない反応かと思いながら了解ですと返す大作。
「じゃあ、美琴さん、あとはよろしくお願いします」
「うん、任されるよ」
 こちらはフレンドリーに接してくれることをありがたく思いながら、大作は愛の先導で設営された三つの
大型テントに向かう。
 前を行く愛の緊張に苦笑しながら、平隊長代理と鳴海孝之中尉、そしてまりもの前に来た大作。二人の青
年も、愛ほどではないが、緊張の色は隠せない。その様子をまりもは楽しんでいるように大作には見えた。
「大作くん、君の事をザッとだけど二人に説明させてもらった。まぁ、ご覧のとおり、困惑中でな、君と話
をしたいとのことだ」
 君の事、と言うと異世界から本日来訪したことだろう。それは、聞かされた方が困る内容だと大作も思う。
「あ、あの、草間、大作君」
 明らかに探り探り、と言う風に慎二が話しかけてくる。まりもの言うとおり絶賛困惑中のようだ。
「その、神宮寺教官の言を疑うわけではないのだが…… 君が、異世界から来て、佐渡島ハイヴを破壊した
というのは本当なのだろうか?」
 慎二の声からは疑念が感じられないので、受け入れがたいだけだろうと大作は察する。
「はい、まぁ理解しがたいのは、わかりますけど……」
 と、大作は背後を指差す。
「アレが証拠だと思ってください」
 大作の言葉に、自然に彼の後ろに控える二体の巨像に目が行く二人。その存在感威圧感は、二人を圧倒す
る。
「ま、異世界云々はさておいて……」
 気を取り直すように、声を出した孝之。深々と、頭を下げて、
「ありがとう、ハイヴを破壊してくれて。感謝してもしきれない!」
 と礼を言ってきた。そんな孝之を見て、思い出したように慎二も、
「あぁ、まず礼が先だな、本当に、ありがとう」
 と孝之に習う。謝意を示されると、ありがたいと思う反面、こそばゆさも感じてしまう大作。先ほど、訓
練兵の少女たちにも感謝感激されたが、あの蟻塚の親玉みたいのを破壊したのはあくまで成り行きだったの
で、どうもそこまで感謝されることをしたという自覚が芽生えない。
「いえ、力に慣れて光栄です」
 無難な言葉で返す大作。差し出された二人の手を握り返すと、力強い感謝の念が伝わってきた。
「で、自分たちは、さっきも言ったように、君を警護する為にここに遣わされたのだが……」
 慎二と孝之の視線は、再び二体の巨人に移る。
「どうにも、俺たちが必要とは思えないなぁ」
 孝之が苦笑まじりに言う。その言葉につられるように苦笑した慎二が続ける。
「まぁ、俺たちは君と、香月副司令との調整役みたいなモノだと思って、ここに置かせてくれ。迷惑は掛け
ないようにするから」
 どうやら、今、自分側のシンジが会っている副司令は、幾つもの布石をうっているようだ。まりも達だけ
ではなく、護衛と称して武装した配下を送り込んできた意味は何だろうか。
 何か、政治的に厄介な事でも起こる気配でもあるのだろうか? この世界は統一政府が出来ていないそう
だし、自分たちの介入は十分、国際問題の火種になりえるだろう。それに対する示威行動だろうか。
 それとも、香月と言う人は、まだ自分たちを信用するとは決めておらず、何かあった時に、自分を拘束す
るために、この人達を送り込んだのかと邪推してみるが……
 そこまで考えては、さすがに失礼だろうと頭を切り替える。それに、言っては悪いが慎二や孝之に、自分
が拘束できるとは、大作には思えなかった。あの白銀武クラスが六人こられたら、本気で対策を考えなくて
はいけなかったが、彼レベルの身体能力を持っているは、こちらの世界でも希なのだろう。
「僕も、今は……」
 慎二の改めての申し出に了解を示そうとした時だった。
 腕時計のアラームが鳴る、これは、警戒音!
「ロボ、どうした!?」
 腕時計を開き、海に向け振り返る大作。その動作にロボも従い、海に向けてその巨体を翻した。
「大作くん、どうした!?」
 ロボが武の瑞鶴改の接近や、デリング中隊の不知火の接近を察知したことを知っているまりもは、三度、
この島に来訪する存在を、ロボが察知したと予想する。だが、前もっての夕呼からの連絡がないということ
は、この来訪は夕呼とは無関係なのだろうか。
 だとしたら、マズイことになるかもしれない、とまりもは考える
「海中から接近してくる物体が、三機。20ノットで接近中、これは?」
 そちらの関係者か? と大作は訊いているのだろう。
「私は聞いていない、中尉達は!?」
「自分たちも聞いていません! 草間君、不知火を起動させていいか?」
 状況が急変したのを、察した慎二と孝之。彼らが夕呼から託された任務は、草間大作と異世界のロボット
の絶対死守、それがどの勢力であってもと命じられている。
「構いません、水陸両用の機体まであるんですか!?」
 二十一世紀になったばかりだと言うのに、この高い技術力、大作はこの世界の人類の潜在能力に感心する
ばかりだ。
「ある! 多分、ここ来るのはA-6……」
 まりもの言葉を合図にしたように、三つの影が、海面から飛び出してきた。水柱が上がり、異形の機体が
姿を表す。
「イントルーダー、もしくは海神という機体だ!」



【ちょい、後書き】
 今更ですが、たくさんの感想ありがとうございます。皆さんが疑問に思われたことは、本編で
なるべく説明できたらと考えています。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023193836212158