ナデシコSS投稿掲示板




No.19794の一覧
[0] 天河くんの家庭の事情(逆行・TS・百合・ハーレム?)[裕ちゃん](2010/07/24 18:18)
[1] 天河くんの家庭の事情_00話[裕ちゃん](2010/07/23 17:46)
[2] 天河くんの家庭の事情_01話[裕ちゃん](2010/06/26 12:59)
[3] 天河くんの家庭の事情_02話[裕ちゃん](2010/06/24 07:53)
[4] 天河くんの家庭の事情_03話[裕ちゃん](2010/06/24 07:53)
[5] 天河くんの家庭の事情_04話[裕ちゃん](2010/06/24 07:54)
[6] 天河くんの家庭の事情_05話[裕ちゃん](2010/07/10 22:31)
[7] 天河くんの家庭の事情_06話[裕ちゃん](2010/06/24 07:55)
[8] 天河くんの家庭の事情_07話[裕ちゃん](2010/06/24 07:55)
[9] 天河くんの家庭の事情_08話[裕ちゃん](2010/06/24 07:55)
[10] 天河くんの家庭の事情_09話[裕ちゃん](2010/06/24 07:56)
[11] 天河くんの家庭の事情_10話[裕ちゃん](2010/06/24 07:56)
[12] 天河くんの家庭の事情_11話[裕ちゃん](2010/06/24 07:57)
[13] 天河くんの家庭の事情_12話[裕ちゃん](2010/06/24 07:57)
[14] 天河くんの家庭の事情_13話[裕ちゃん](2010/06/26 02:01)
[15] 天河くんの家庭の事情_14話[裕ちゃん](2010/06/26 11:24)
[16] 天河くんの家庭の事情_15話[裕ちゃん](2010/06/26 23:40)
[17] 天河くんの家庭の事情_16話[裕ちゃん](2010/06/27 16:35)
[18] 天河くんの家庭の事情_17話[裕ちゃん](2010/06/28 08:57)
[19] 天河くんの家庭の事情_18話[裕ちゃん](2010/06/29 14:42)
[20] 天河くんの家庭の事情_19話[裕ちゃん](2010/07/04 17:21)
[21] 天河くんの家庭の事情_20話[裕ちゃん](2010/07/04 17:14)
[22] 天河くんの家庭の事情_21話[裕ちゃん](2010/07/05 09:30)
[23] 天河くんの家庭の事情_22話[裕ちゃん](2010/07/08 08:50)
[24] 天河くんの家庭の事情_23話[裕ちゃん](2010/07/10 15:38)
[25] 天河くんの家庭の事情_24話[裕ちゃん](2010/07/11 07:03)
[26] 天河くんの家庭の事情_25話[裕ちゃん](2010/07/12 19:19)
[27] 天河くんの家庭の事情_26話[裕ちゃん](2010/07/13 18:42)
[29] 天河くんの家庭の事情_27話[裕ちゃん](2010/07/15 00:46)
[30] 天河くんの家庭の事情_28話[裕ちゃん](2010/07/15 14:17)
[31] 天河くんの家庭の事情_29話[裕ちゃん](2010/07/16 17:35)
[32] 天河くんの家庭の事情_30話[裕ちゃん](2010/07/16 22:08)
[33] 天河くんの家庭の事情_31話[裕ちゃん](2010/07/17 01:50)
[34] 天河くんの家庭の事情_32話[裕ちゃん](2010/07/21 01:43)
[35] 天河くんの家庭の事情_33話[裕ちゃん](2010/07/21 23:39)
[36] 天河くんの家庭の事情_34話[裕ちゃん](2010/07/22 04:13)
[37] 天河くんの家庭の事情_35話[裕ちゃん](2010/07/24 18:16)
[38] 天河くんの家庭の事情_小話_01話[裕ちゃん](2010/06/25 20:30)
[39] 天河くんの家庭の事情_小話_02話[裕ちゃん](2010/07/07 03:26)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[19794] 天河くんの家庭の事情_18話
Name: 裕ちゃん◆1f57e0f7 ID:326b293b 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/06/29 14:42
サセボドックでは11月終盤に差し掛かっていた。
その間もアオ達の作戦は水面下で進んでいる。
それについて少し紹介していこう。

サセボドックでは、関係者が相変わらず忙しく動き回り活気に溢れている。
ナデシコが建造されているドックでは技術者、整備士、コバッタが入り乱れてあちらこちらから声が上がっていた。
ドックはもう一つあり、そこでは地球でナデシコへ乗艦するパイロット3人分のエステバリスを製造する事になっていた。
専用機を作る事になったアオ、彼女の弟であるアキト、そしてヤマダ・ジロウの3人分である。

アオは自分の専用機の製造ををアカツキへ認めさせていたのだが、その後アキトのエステバリスも認めさせた。
アキトがこのまま成長していけば量産型では物足りなくなると踏んだからだ。
製造するエステバリスは未来でタカスギ・サブロウタが搭乗していたスーパーエステバリスと同等の性能を誇った機体になる。
アカツキは仕様書を見た際、密かに企んでいたアカツキカスタムの改良型ともいえるそれにショックを隠しきれないようだった。
だが、アオから言われた『ナガレなら乗れると思うよ?』という一言でアキトと同じ機体に乗る事を決めていた。
実際は未来のデータから少し改変くらいなのだが、アオ達設計の特別機という所が大事らしい。
アカツキがそれに乗ると決めた際にアオが言った『システム面の調整はやるからね~』という言葉に小躍りしてたそうなのでよっぽどである。

ヤマダ・ジロウを始め搭乗予定になっている他のパイロットが乗るのは量産型になる。
これも改良はされていて、エステバリス2と同等の性能を誇っている機体になっている。

ナデシコも同様で、アオ達の持ってきた改修案を元に決定しナデシコB程度の戦艦となる。
相転移エンジン2基、核パルスエンジン4基を搭載は変わらずだが、各機関や重力波ブレードなどに改良が施されている。
その結果元々ののナデシコAよりもディストーションフィールドが強化されている上に、グラビティブラストの収束時間などにも改善が見られる。
ただ、武器に関してはナデシコBとは違いミサイルとレーザー砲が4門搭載されている。
ただ、運航時は木蓮の無人機がデータ収集も兼ねていた事から火星までは元々のナデシコA程度に抑えての運航となる事が決まっている。

一方、火星ではバッタ搭載ジェネレーターとディストーションフィールド発生装置の量産化が成功し量産を開始していた。
用途としては主にコロニー外郭部への設置となり、ディストーションフィールドで攻撃から守ろうという物だ。
無人戦艦からの重力波砲は防げないが、機動兵器の反応もない場所へその攻撃が来る事がない為である。
現状の無人機からの攻撃であれば、十分に防げる強度のディストーションフィールドが張れる。
外郭部への設置はコバッタが行い、外郭部全面への設置が終わった時点でコロニー内への帰還が始まる事になっている。

自衛軍については、パイロット希望者へのIFS投与は既に済ませてあった。
それに加え先日に完成したオペレーター用IFSナノマシンの投与についても進めている所である。
アオ、ルリ、ラピスが作成したオペレーター試験とネルガルが持つIFS強化体質者のデータを兼ね合わせて合格した者へと投与する事になっている。

食料がレーションなどが続き、味気ない為に不満が溜まっていたが、外に出れる目処がついたために今は落ち着いているようだ。
それ以外はおおむね平穏な生活が続いていた。

ピースランドではIFS装置の設置が急速に進み、IFSを投与する人口も徐々に増えていた。
その要因に一役買ってるのがピースランドが直営する放送局で毎週流されている【今週の妖精達】という番組である。
その番組ではルリ、ラピス、ついでにアオの可愛らしくも微笑ましい日常を紹介していて男性を中心に絶大な人気を博していた。
息子相手には決してそんな事をしないプレミアだったが、娘が相手になると違うらしい。
何故そんな映像があるのかというと、プレミアがダイアとフローラに頼み込んで週一でダイア・フローラ厳選の一本を送って貰うようにしたからだ。
そんなプレミアだが最近は更にルリ、ラピス、ついでにアオが作る今日の夕ご飯という番組を作ろうとダイア、フローラと画策しているらしい。

IFS強化体質者の少女たちについても12月頭に移動する事になっている。
要望通り、通う事になる学校近くに寄宿舎という形で住居が与えられる。
保母達はそこで保護者として、彼女達の面倒を見る事になる。
普段の授業では一般の教師が教える事になるのだが、オペレーター用の授業をアオとルリが手分けして行う事になる。

そしてピースランド軍ではIFS普及率がほぼ100%という恐ろしい状況になっていた。
そしてエステバリスの大量導入も決定しており、ネルガルと詳細について決めている所だった。
それに先駆けサセボドックにあるシミュレーターと同じ物が大量に導入されていた。
まだ明確な訓練方法がある訳ではないため、アオ達が使っているシミュレーションでの自主訓練が主になっている。
だが週一で黒髪少女が教練に来るらしく、そのメンバーに選ばれるのはシミュレーションの点数上位者のみとなっていた。
その為、自主訓練への気合いの入れようは物凄いモノがあるらしい。

一方地球連合軍では、ミスマル提督とムネタケ参謀が火星出身者や家族が火星にいる者を中心に計画賛同者を増やしていた。
火星の状況に胸を痛めている者も多かったため、実は多くが生きている事を知ると大層喜んだ。
そしてボソンジャンプとその危険性、更に家族を含めて実験動物にされてしまう可能性がある事を知ると一も二もなく賛同した。
計画賛同者については、不自然さを感じさせないように気をつけつつ各方面にいる将官クラスの賛同者の元へと集めていく事となる。

さらにネルガルではアカツキが社長派を非公式研究所の件などの追及をし失脚させた。
その後釜へ会長派を据える事により、名実共にネルガルを総て掌握した。
今後は他企業の計画への引き込みを中心に動いて行く事になる。

パイロットについては現在ネルガル本社近くで訓練を開始していた。
元々はサセボでの予定だったのだが、家族との兼ね合いなどがありギリギリまで別で行う事になった。
アオが鍛えられないと残念がっていたが、未来での事をナデシコの乗員に話す気はなかった為強くは言えなかった。
そうなるとシミュレーターが余ってしまうのでミスマル提督とムネタケ参謀が有効活用する事になっている。

さて、サセボドックの話に戻ろう。
その日、ウリバタケがとても楽しそうにしていた。
そしてその足はスキャパレリプロジェクト統括部長であるテンカワ・アオの部屋へと向かっていた。

「アオちゃん!出来たぞ!」
「ウリバタケさんどうしました?」
「出来たんだよ!シミュレーター6号機のアオちゃん専用IFS装置!」
「本当ですか!すぐ行きます!」

アオはパッと目を輝かせるとウリバタケを伴ってシミュレータールームへと向かう。
途中でルリとラピスへも連絡を取り、同じくシミュレータールームまで来て貰う事にした。
そしてアオは到着するやいなやすぐに更衣室へと向かいパイロットスーツに着替えに行った。
アオが着替えてる間にルリとラピスが到着し、ウリバタケから説明を受けている。

「ルリちゃん、ラピスちゃん。OSの方は出来てるかい?」
「はい、大丈夫です。アオさん専用機のデータも入れてありますよ」
「お、専用機作るのか!後で見せてくれよ?」
「えぇ、大丈夫ですよ」

そう言うとルリとラピスはアオが着替えている間にOSの入れ替えを始める事にした。
そしてアオが着替え終わって出てくるとウリバタケはアオへも説明を始める。

「アオさん、OSの入れ替えしてるのでもう少し待って下さいね」
「うん、大丈夫だよ。ありがとね、ルリちゃん、ラピス」

OSの入れ替えが終わった後にエラーが出ていないかなど総て走査していく。
何度も確認はしているのだが、それでも何かあってアオを怪我させる訳にはいかないからだ。
ルリとラピスでお互い確認し合うと、アオへ大丈夫と伝えた。

「やた!それじゃ行ってくるね~♪」

そう言うとアオは楽しそうに乗りこんでいく。
ルリとラピスもシミュレーション中の詳細なデータを取る為に準備を進めていった。

「お~。いい感じ」

中に入ったアオが感想を漏らした。
コンソールボールが2つになり、それぞれでIFSとリンクする形になる。
シートも専用に変えてくれたらしく、身体の形に合っていてしっくりとくる。
シミュレーターを起動すると各種センサーとの繋がりを確認していった。

「ルリちゃん、ラピス、ウリバタケさん、大丈夫そうだよ~」
「お~。それはよかった」

アオからの問題ないという言葉に3人は安堵した。

「それじゃルリちゃん、ラピス、簡単にテストしてみるね」
「「はい」」

そしてシミュレーションを開始する。
最初はバッタ50匹を広範囲にばらけるよう配置してアオ専用機の使い勝手をみてみる事にした。

「おぉ...」

起動してみて驚いた。
3次元的にかなりの範囲の索敵が出来ている。
熱センサー、ボソン反応と次々にセンサーを確認していく。

「全部見ながらでも問題なさそうだな...」

そしてわざとウィンドウ通信は行わずに、コンソールを通じてルリ、ラピスと通信をしてみる。
ちゃんと繋がるようで二人の声がすぐに聞こえてきた。

「二人とも聞こえる?」
「「はい」」
「うん、こっちも大丈夫だね。センサーもばっちりだよ、ありがと♪」
「そうですか、よかった」
「ルリと調整頑張ったよ」
「うん、今度ご褒美あげないとね。それでね、センサー全部見ながらでも本気で戦闘機動出来ると思う。
今からちょっと試してみるね」
「はい。こちらでもチェックしておきますね」
「アオ、頑張ってね」
「うん、頑張るよっ」

そうしてアオは敵を見据えるとセンサーでの動きを兼ね合わせて、瞬時に倒す順番を決める。
そのまま『ふっ』と息を吐くと一気に最高速まで加速する。
ディストーションフィールドを纏いながら急制動急加速を繰り返し、イミディエットナイフとワイヤードフィストを駆使して一機ずつ潰していく。
最初呆気にとられたバッタが集まり始め、一斉にミサイルを撃ち込んで来た。
それを掴んだバッタを放り投げ爆発させると、そのまま爆煙の中へ突っ込んでいく。
アオ機と反対側にいたバッタが急にアオ機の反応がなくなった事で動きが止まってしまった。
その瞬間、爆煙の中からナイフが出てきてそのバッタを串刺しにする。
そのままナイフを振り払い、近くのバッタへそのバッタをぶつけ2機とも潰しながら次のバッタへと急加速していく。
そしてアオは2分程度で全機落としてしまった。

「ふぅ...」

アオは一息つくとウィンドウ通信を繋げた。
ウリバタケは大型スクリーンへ映った今の戦闘が信じられないと呟いた。

「いや、アオちゃんすげぇな。これ程とは思わなかった。軍のエースパイロットでもここまではいかないんじゃないか?」
「いえ、ウリバタケさんのおかげですよ。センサー全部確認しつつ全力で戦闘起動しても余裕ありましたから」
「そりゃ、パイロット用IFSじゃそこまで出来ないし普通はそんな事やったら頭パンクするからな」

確かに一般的なパイロット用IFSではそこまでの芸当は出来ない。
むしろそれでは足りないからこその改造なのである。

「持ってる物は有効活用しないといけませんからね♪」
「まぁ、そうだな。ここまで使ってくれるなら俺は何も文句ねえよ。
また何かあったら遠慮なく言ってくれ。アオちゃんの為なら幾らでも手を貸すぜ?」

ここまで作った物の性能を引き出してくれるのは整備士冥利に尽きるとウリバタケは思った。
その上自分で設計等もやってしまうんだから頭が上がらない。
この目の前のウィンドウに映っている少女の頼む事なら何でもやってあげよう。
そう感じていた。

「はい。またその時はお願いしますね♪」
「ウリバタケさん、ありがとうございます」
「ウリバタケ、ありがとう」
「おう、ルリちゃんとラピスちゃんもしっかりな」

ウリバタケは動作に問題ないのを確認出来た為シミュレータールームから出て行った。
そしてここから本格的なテストが始まった。

「よし、じゃあどんどんいっちゃうね!」
「「はい」」

それから1時間以上経過して、ようやくアオ達はシミュレータールームから出てきた。

「アオさん。大丈夫ですか?」
「うん、だいじょぶ。ルリちゃんとラピスの方はどう?」
「はい、こちらも詳細なデータが取れているのでアオさんに合わせて調整かけますよ」
「ルリと一緒に頑張る」

アオはありあがとうと言って二人の頭を撫でるとシャワーを浴びに更衣室へ向かっていった。
その間に調整を済ませてしまおうとしてルリとラピスはIFSコンソールへ意識を向けた。

12月に入ると、まずエステバリスの稼働試験が終了し量産が開始された。
まだ軍での採用は決定しておらず、ピースランドへの輸出が主となる。
そして、サセボドックでもアオ、アキト、ヤマダの各エステの建造が開始された。

それから数日後
ネルガルで保護しているIFS強化体質の少女達の引っ越しの日がやってきた。
ピースランドへ移動する際にはアオ、ルリ、ラピスも同行する事にしていた。
その結果迎えの便はピースランドが出すという形に決まり、空港には既にシャトルが到着している。
警備もNSSに加えルリ達の護衛という事でピースランドの衛兵も同行するという万全の態勢になっている。
そして、搭乗するのは以前ピースランドへ行った時と同じくピースランド専用機である。
その広いリビングの様な室内に全員入っている。
乗っているのは少女達28人に保母の5人、それに加えアオ達と警備の人間も乗っている。
それでもまだまだ余裕がある程広い。
以前乗ったアオ達はまだしも少女達に加え保母達も驚きを隠せなかったようだ。

「一応私とラピスは経営者の娘なのです。父と母が認知してくれたのでこういう形になっています」
「へぇ~~~」
「そのお陰でルリちゃんが両親に頼んでくれて、みんなを保護出来るようになったんだよ。
これからはピースランドで周りの子と変わらない生活が出来るから、一杯友達作ろうね」
「は~い」

全員幾分感情も出てきているので徐々に女の子らしくなってきていた。
そして保母達の話もあり、お嬢様、お姫様というルリとラピスそして騎士というアオの話を聞いて目をキラキラさせている。
ルリとラピスの時はまだ憧れている目だったのだが、アオが騎士と聞いた瞬間頬を染めて恋する目をしていた。
その目を見た瞬間ルリとラピスは嫌な予感を感じたが、アオの手前表情には出さないようにしていた。

(ルリ、やっぱりアオはアオだった。このままじゃ危険)
(えぇ、私とラピスでしっかりと手綱を握っておきましょう)

アキトの頃でさえ女性、特に自分達二人を無条件に懐かせていたアオが同じIFS強化体質になったせいで更にその能力を強化しているようだった。
ルリとラピスはアオを少女達から守ろうとアイコンタクトをするとアオ達にばれないように堅い握手を交わしていた。

そしてシャトルがピースランドへ到着するまでの間、アオへいつも以上に寄り添ってアオとくっ付こうとする少女達を敬遠していた。
それを敏感に感じ取った少女達は逆にアオを横取りしようとし、険悪な雰囲気へと変わっていったのだが。

「ルリちゃん、ラピス、それとみんなよく聞いて、ルリちゃんとラピスは私にとってかけがいのない程大事な人なんだ。
それと同じくらいこの子達も私にとっては大事なんだ。そんなみんなが喧嘩する所なんて見たくないよ?」

アオはとても哀しそうな目で訴えかけていた。
それを見て全員が反省しお互いに「ごめんなさい」をし、その後全員でアオへ「ごめんなさい」をした。
それからは、ルリがラピスとの生活で鍛え上げられたお姉さんぶりを発揮し、ラピスも自分がもてなすという意識から積極的に世話をしていった。
そうしてピースランドへ着くまでのんびりと空の上の旅を楽しんでいた。

ピースランドへ到着するとそのまま寄宿舎へと移動し、中を案内して貰った。
元からあった建物を改築しただけなのか、かなり趣のある石造りの建物だった。
部屋数は20近くあるのだが、1人1部屋とまでは行かないようだ。
厨房や大広間なども改装済みで外見と雰囲気は同じだが、最新の物へと変わっている。
そして、IFS強化体質者が生活するという事もあり、オモイカネ級の最新コンピュータも導入された。
その設備の良さに保母達だけでなくアオとルリ、ラピスも驚いていた。
少女達はむしろその雰囲気が絵本やアニメで知っている、お城や中世の物なのでそこに喜んでいるようだった。

それから寄宿舎の事について、学校の事についてなど詳しい説明を受けたアオ達は帰る事になった。
当然少女達は渋ったのだが、授業で会えるからとなんとか話して貰った。
シャトルでの一件からルリとラピスもお姉さん達という認識に変わったようで、彼女達へも懐いていたのだ。

この後、アオとルリ、しばらくしてからはラピスも加わって少女達にオペレーター用IFSについて教えていった。
しばらくすると、アオ達が作成した適性試験に通り、オペレーター用IFSを付与した者も授業へと参加する事になる。
その授業はナデシコに乗ったからといって止める事はなく、その後も続いて行く事になっていく。

そして12月も半ばになり、サセボの街もクリスマスムードで浮かれ始めた時地球全土に一つのニュースが駆け巡る。
火星からの避難者を乗せた民間シャトルや軍の輸送船、そして生き残った戦艦が地球へと到着したのである。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025075912475586