ナルトSS投稿掲示板




No.42250の一覧
[0] もしサスケに幼馴染の女の子がいたら[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/21 21:18)
[1] お団子なんて嫌い![やめろめろめろイタチめろ](2016/07/31 22:27)
[2] 忍者学校にて[やめろめろめろイタチめろ](2016/07/31 22:29)
[3] 写輪眼[やめろめろめろイタチめろ](2016/07/31 22:29)
[4] 今日はいい朝[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/01 23:49)
[5] 二人のうちは[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/01 23:51)
[6] 悪夢[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/02 22:53)
[7] 喪失[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/04 21:08)
[8] 友達[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/06 00:00)
[9] 復帰したい[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/06 23:02)
[10] 修行[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/07 19:32)
[11] 学校[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/07 22:03)
[12] 組み手[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/08 22:24)
[13] 二年後[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/10 21:53)
[14] 卒業試験[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/14 20:27)
[15] 行方不明[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/15 22:11)
[16] 第七班、結成[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/16 19:03)
[17] はたけカカシ[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/17 20:47)
[18] 第一任務[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/18 22:02)
[19] 鈴取り演習[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/21 15:49)
[20] 任務完了[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/21 22:39)
[21] 最悪の一日[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/27 00:00)
[22] また捜索任務[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/23 22:05)
[23] 波の国編1 出発[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/30 22:17)
[24] 波の国編2 写輪眼のカカシ[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/30 22:18)
[25] 波の国編3 初戦闘[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/30 22:18)
[26] 波の国編4 偽りの任務[やめろめろめろイタチめろ](2016/08/31 22:28)
[27] 波の国編5 再不斬[やめろめろめろイタチめろ](2016/09/04 20:59)
[28] 波の国編6 無音[やめろめろめろイタチめろ](2016/09/05 23:09)
[29] 波の国編7 再不斬vs第七班[やめろめろめろイタチめろ](2017/01/06 00:06)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[42250] もしサスケに幼馴染の女の子がいたら
Name: やめろめろめろイタチめろ◆8ac501a9 ID:efa5df1b 次を表示する
Date: 2016/08/21 21:18

うぅん…眩しい…。


ゆっくりと目を開けると、お日様がギラギラと私の目をめがけて照りつけていた。

あれ、もう朝か。んー………あと五分だけ………。



「サクヤーーーーーーーー!!ほら、早く起きなさい!!サスケくんが迎えに来たわよ!!」

お母さんの大きな声がドア越しに部屋の中へ響いた。とたんにぼんやりとしていた意識がパッと目覚める。

むむむ…と時計を見るともう10時をまわっている。あ、やっば。もうこんな時間。



「はーーい、いま行くよーーー!」


リビングへのドアを開けるとお母さんが朝食の準備を終えて椅子に座っていた。


「おはよ!お母さん!」

「おはよう、サクヤ。まったく…サスケくんと約束してるんだったらもう少し早く起きなさいよ」


ぶつくさとお小言を言いながらもしっかりと自分もあくびをしているこの人が私のお母さんの うちは サキ。

サラサラの長い黒髪をした、私に似てとっても美人で自慢のお母さんだ。あ、違うか。私がお母さんに似てるのか。

私が生まれる前までは忍者としてすごい強い人だったらしいけど、今はどうなのかさっぱりわかりません。怒らせるとすっごい怖いけど。

あ。自己紹介がまだでした。私の名前は うちは サクヤ。うちは一族の次期忍(予定)で、黒いショートカットの髪をした可愛い(?)少女です。

趣味はお花屋さんでお花を眺めることで、将来の夢はまだわかりません。



今日は隣の家の幼馴染であるサスケに誘われ、イタチ兄さんと手裏剣術の修行をつけてもらいに行きます。

ちなみに兄さん、と言ってもサスケの兄であるうちはイタチさんの事である。物静かな優しい人だが、忍者としてはと〜〜っても強い人らしい。

任務が忙しいらしく…最近は会う事があまり無くなってしまった。

私にとっては実の兄というわけではないが、サスケがいつも兄さん兄さんと呼ぶので物心ついた時から私も兄さんと呼んでいる。とっても優しいので大好きです。

おっと、それより早く行かなきゃ…サスケがまたふてくされちゃうよ。



手早く朝食を済ませると、自分の部屋へと戻る。

もう一度布団へとダイブしたい気持ちをぐっとこらえ、さっさと着替えて玄関のドアを開けると。

親の顔並みに見知った顔がムッスー、と不機嫌そうにしていた。

黒髪イケメンの彼がうちはサスケ。私の生まれた時からの幼馴染だ。


「いつも遅いんだよサクヤは…まったく。わざわざ迎えに来てやってるってのに」

「わざわざ、って…家すぐ隣でしょうが…。女の子にはいろいろ準備ってものがあるのよ。急かす男は嫌われちゃうわよ」

「準備、って…どうせオレが呼びに来てやっと起きたんだろ…」

「し、失敬な!今日はちゃんと起きてたよ!!って、あ…。………毎日サスケより早く起きてるよ!!」


図星です、サスケさん。すいません、完全に寝坊してました。許してください。

そんな考えが顔にしっかりと出ていたのか、サスケが私の顔を見て、ハァ、と深いため息をついた。

人の顔を見てため息をつくなんて、失礼な。大体、サスケも幼馴染とはいえ、もうちょっと私のことを女の子としてもうちょっと優しくだね…



「ほら、兄さんが待ってるだろうし、置いてくぞー」


「あっ!ちょっ!待ちなさいよ!」


そそくさと足を速めるサスケを追いかけて、燦々と太陽の照らす明るい外の世界へと飛び出した。

ううん…やっぱりもうちょっと寝ていたい…。








バッ、と自分の手から放たれた手裏剣が回転しながら目標へと飛び立つ。

それは、シュルシュルと風を斬る音と共に目標である丸い的へと……ではなく、その5メートルほど手前で失速し、落下した。

ぐぬぬ…と悔しい顔を隠せないまま横を見ると、同じくサスケの投げた手裏剣が、的の中央より少し右下へと命中し、タン、とちいさな音をたてた。

どや顔でこっちを見るサスケ。…腹たつなあ…。





「むむむ…なんでサスケと同じ投げ方で投げてるのに全然届かないのかなあ」


「それはサクヤがオレより下手だからだよ」


「何を!!失敬な!!!細かい動きなら私の方が上手いもん!」


「それにしては全然的に命中してないみたいだけど」



悔しい気持ちを抑えながらその後も何度も何度も繰り返し的へ向けて手裏剣を投げるが、やはり少し手前に落ちてしまう。

反対に、サスケは先ほどから10回中6回ほど的に命中させており、イェーイと飛び跳ねて喜んでいた。

そんなサスケを見ていると、少しやるせない気分になってしまう。


ぷい、とそっぽを向くと…さっきまで静かにこちらを見つめていたイタチ兄さんが、こちらへと近づいてきていた。




「どうしたの?イタチ兄さん」


「…サクヤ。ちょっと手を出してみろ」


うん?と言われるがままにイタチ兄さんへと手を出すと、イタチ兄さんは私の手の上にそっと自分の手を乗せた。

大人らしい、大きく力強い手に触れていると、なぜだか顔が熱くなっていくような気がする。

そのままの状態で、しばらくイタチ兄さんと手を触れ合わせていると、不思議なことに、全身に力が湧いてくるのを感じた。




「…!これって…」


「よし、これで一度投げてみろ」



言うが早いか、先ほどと同じようにシュッと手裏剣を投げると、先ほどより力強く回転を起こしながら、サスケの手裏剣の左上へと…つまり、的のちょうど中央へと見事に命中した。



「あ……やったあっ!!」


的に当たったことにより、先ほどのサスケと全く同じような動きでピョンピョンと跳ねて喜んだ。



「す、すごいや……兄さん、今サクヤに何をしたの?」


目をまん丸にして驚くサスケがイタチ兄さんへと問いかけると、彼はにこりと微笑みながら答えた。



「簡単なことさ。サクヤ、お前は狙いについては完璧なんだ。あとはお前に足らないもの。つまり筋力…ようは投げる力をオレのチャクラを流し込んで増幅させたのさ」




え、それって…イタチ兄さんの補助がないと的にまともに当てられないってことじゃ…と、不安そうな顔をすると、彼は私の頭の上に手を置いて続けた。



「そんな顔するな……サスケは男の子でサクヤは女の子なんだ。同い歳でも力に差があるのは仕方のない事さ。もう少し大きくなればちゃんと当たるようになる。なにせ」


と、そこで区切ると、私の頭をそっと撫でながらサスケと私を一瞥して言った。



「お前は狙いだけならサスケと同じくらい…いや、サスケよりも上手だからな」



ちぇー、とつまらなそうな顔をしたサスケとは対照的に、うん!と私は満面の笑みを浮かべていた。










しばらく手裏剣の練習(と言っても私はイタチさんからチャクラの補助をもらって、だが)をしているとふとサスケが、そういえばさ…と呟いた。


「どうしてアカデミーでも兄さんとの修行でも手裏剣の練習ばっかりなの?オレとしてはさ、もっとこう…火遁の術の練習とかもいろいろやってみたいんだけど」


確かに、と私もイタチ兄さんの方を見ると、兄さんは少しだけ考えるような素振りを見せ私たちを見た。



「手裏剣はな。手裏剣術、というように忍術の基本の技でもあるのさ。基本が出来ない忍者がその先を出来るとはオレには思えない。それにな」


すっ、と立ち上がると兄さんは懐から数枚の手裏剣を取り出した。



「手裏剣にはいろいろな使い方があるものだ」




手のひらの手裏剣数枚を一枚ずつ指に通すと、何故かその手裏剣が指の間で高速で回転を始めた。

そして、そのままの状態で目にも止まらないような速度で印を結ぶと…回転する手裏剣へと、火遁の術で火をつける。

燃える手裏剣へと変化したそれらを青い空へと目掛けて放出した。




「––––火遁・鳳仙花爪紅!」



赤い閃光となって投げられた手裏剣は、青い空の中へと消えていった。



一瞬の静寂の後、私とサスケはパチパチと手を叩きながら興奮して問いかけた。




「すごーい!!手裏剣に火をつけて投げるのね!!!」


「やっぱり兄さんはすごいや!でもさあ、兄さん」


不思議そうな顔でそう尋ねるサスケ。


「あれって、火遁・鳳仙花の術を手裏剣にくっつけた技でしょ?だったらさ、わざわざ手裏剣にくっつけないで鳳仙花をそのまま出した方が威力も高いしいいんじゃないの?」



確かにそうだ。鳳仙花の術は、複数の火の玉を吐き出しそれを自身のチャクラで操って敵へと飛ばす術(お母さんの持ってる本に書いてあった)。

ならば、チャクラもそれほど使わない(らしい)し、威力も高い(らしい)から、そのまま撃った方が手っ取り早いし効率もいい気がするけど…と納得していると、イタチ兄さんはフフッ、と少し笑みを浮かべるとその問いに答えた。


「よくそこに気づけたな、サスケ。確かに鳳仙花の術ならそのまま放ってもある程度は正確に当てることができる。だが、そのある程度ってところが弱点なんだ。正確に当てようとすると、火の玉を操るために無駄にチャクラを消費してしまう。だが、手裏剣に纏わせてその手裏剣を相手に投げるだけなら、大したチャクラは使わない。当てるには自分の技量頼みにはなるけどな」


視線を私たちから空へと移したイタチ兄さんにつられて、私とサスケも空へと目を向けると…先ほど放った炎の手裏剣がボォツという複数の音とともに爆発しそのまま赤い塵となって青い空へ溶けていった。


綺麗……。



「よく覚えておけ、サスケ、サクヤ。どんな術にも弱点となる穴は必ずあるもんさ。もちろん、今オレが使った手裏剣術にもな。…さて、母さんたちが心配するだろうし、そろそろ帰ろう」




はーい、と立ち上がり歩き出したイタチ兄さんの後を追うサスケと私。


空を見上げると、赤い塵はもう消えて見えなくなっていた。


次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027342081069946