<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

ゼロ魔SS投稿掲示板


[広告]


No.19944の一覧
[0] 【習作】ムカデの代わりの男(ゼロ魔三次創作)[あぶだび](2010/09/21 23:46)
[1] プロローグ ~ ムカデの代わり ~[あぶだび](2010/07/01 00:45)
[2] 第一話 『接触』[あぶだび](2010/07/01 21:00)
[3] 第二話 『自由を求めて』[あぶだび](2010/07/04 02:21)
[4] 第三話 『決意』[あぶだび](2010/07/04 03:01)
[5] 第四話 『再開』[あぶだび](2010/07/05 20:04)
[6] 第五話 『旅立ち』[あぶだび](2010/07/05 00:08)
[7] 第六話 『空高く』[あぶだび](2010/07/05 20:49)
[8] 第七話 『変わり始めた日常』[あぶだび](2010/07/11 22:31)
[9] 第八話 『闇の貴公子と絶望の魔女』[あぶだび](2010/07/11 22:28)
[10] 第九話 『魔剣』[あぶだび](2010/07/13 00:06)
[11] 第十話 『再々会』[あぶだび](2010/07/16 00:59)
[12] 第十一話 『うっとり』[あぶだび](2010/08/01 23:09)
[13] 第十二話 『使い魔』[あぶだび](2010/08/02 22:02)
[14] 第十三話 『契約』[あぶだび](2010/08/02 23:32)
[15] 第十四話 『精神汚染』[あぶだび](2010/08/17 21:01)
[16] 第十五話 『激戦』[あぶだび](2010/09/21 23:44)
[17] 第十六話 『本気』[あぶだび](2010/12/16 22:45)
[18] 第十七話 『兆し』[あぶだび](2010/12/18 00:17)
[19] 第十八話 『カリスマ』[あぶだび](2010/12/18 12:27)
[20] 第十九話 『擬態』[あぶだび](2010/12/19 21:12)
[21] 第二十話 『復帰』[あぶだび](2010/12/20 22:20)
[22] 第二十一話 『愛』[あぶだび](2011/04/23 20:34)
[23] 第二十一話 『愛』 ~番外編~[あぶだび](2011/04/23 20:34)
[25] 第二十一話 『愛』 ~追憶編~[あぶだび](2011/05/04 16:15)
[26] 第二十二話 『同化』[あぶだび](2011/05/04 21:56)
[27] 第二十三話『ムカデの代わりの男』[あぶだび](2011/09/04 00:17)
[28] 第二十四話『謀略』[あぶだび](2011/09/05 21:27)
[29] 最終話 『闇の貴公子よ永遠なれ』[あぶだび](2011/11/22 00:19)
[30] Episode2 『ムカデの代わりの代わりの男』[あぶだび](2012/02/04 10:10)
[31] 第1話「奇跡の少女」[あぶだび](2012/02/06 22:02)
[32] ムカデの代わりの男 最・終・章[あぶだび](2012/06/02 22:41)
[33] ムカデの代わりの男 最・最・終・章[あぶだび](2012/06/07 23:33)
[34] 【再開】 ムカデの代わりの男 -Revenge-[あぶだび](2015/01/22 21:46)
[35] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge-  2話[あぶだび](2015/01/24 01:37)
[36] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge- 3話[あぶだび](2015/02/04 23:32)
[37] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge- 4話[あぶだび](2015/02/08 00:01)
[38] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge- 5話[あぶだび](2015/02/10 21:15)
[39] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge- Final[あぶだび](2015/02/17 23:34)
[40] おわりに・・・[あぶだび](2015/02/17 23:44)
[41] ムカデの代わりの男 ~dark side moon~[あぶだび](2017/07/16 23:02)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[19944] 第二十話 『復帰』
Name: あぶだび◆3d7473a9 ID:56adee96 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/12/20 22:20
 「アヒャヒャヒャヒャ!!恩にきるぜ先生。」

コルベールから渡された手のひらサイズの玉に、デュマは舌舐めずりする。

 「一応危険なものだから・・・、気をつけて扱うんだよ?」

心配そうにそう言うコルベールを尻目に、デュマは玉に頬ずりしながらクスクスと笑っている。

 「安心しなよ、悪いようにはしねぇ。」

去っていくラリカ(脳内デュマ)の姿を眺めながら、コルベールは「大丈夫かな・・・。」と心配そうに小さく呟いた。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


半日探し続けても見つからないデュマに、サイトもルイズも焦っていた。
デュマの発言から察するに、まだあの体の中にラリカは残っているのではないかと、そんな期待を2人は拭いきれないでいた。
まだ彼女が死んでいないのなら、一刻も早く助け出してあげたい。

 「ルイズ、そっちはどうだった?」

 「全然ダメ・・・、しばらく待ち伏せしてたけど、結局一度も・・・。」

眉をひそませ、顔を振るルイズ。

 「オレもだ。アイツ、まさか学院を抜け出してたりしないよな・・・。」

 「・・・。」

考え込む2人。
焦れば焦るほど時間の流れは早く感じる。
すでに空は茜色に変わっていた。

 「ヒャ~ッハッハッハッハッハァ!!笑う笑う笑う笑う笑う笑うぅぅ!!」

2人が再び手分けしようとした時だった。
ラリカの声に、あの気の狂ったようなセリフ。
声のする方を振り返る2人。
大きく開けた庭に、探し続けたあの男が立っていた。

 「デュマ!!」

同時に声を上げる。

 「ヒャッハァ!!必死だねぇ・・・、オイ?あまりの必死さに、笑いすぎて涙が出るぜぇ!!」

ケタケタと笑うデュマに向かって駆け出す2人。
あと数歩のところで、デュマが手のひらを突き出す。

 「おっと、そこまでだ。今のオレを刺激しねぇ方が身のためだずぇ?」

意味深に笑いを浮かべるデュマに、2人の足が止まる。

 「どうせまだ・・・、でまかせでしょ!!?」

とは言うものの、結局何もできない2人にデュマは続けた。

 「オレぁよう、しばらくこの体で行動してて感じたわけよ・・・。こんな不良品の体じゃ、オレ本来の圧倒的なパウワを微塵も発揮できねぇってよぉ!!」

デュマの足元に見慣れない魔方陣が描かれていることに気付き、ルイズが声を上げる。

 「じゃあもしかして・・・?!」

 「その通り、こんな使えねぇ体、貴様等に返品してやるよ!!ヒィヤッハァ!!」

バッと大げさに手を広げ、聞いた事もない呪文のようなものを唱え出すデュマ。
魔方陣にはまったく変化もないし、デュマの体にもまったく変化はないが、その姿を固唾を呑んで見守るしかない2人。
その時だった。

「アレ、ルイズなにやってるんだい?」

急に物陰からギーシュが話しかけてきた。
あまりに突然のタイミングで、2人の注意がギーシュに向かった瞬間だった。
カッと辺りが明るく光ったと思うと、爆音が鳴り響く。
ギーシュに気を取られて横を向いていた2人の視線が、またデュマへと戻るが、すでに煙が立ち込めているせいでどうなったのかが確認できない。

 「なっ!!何が起きた!?」

 「何なの!?ラリカは・・・ラリカは無事なの!?」

 「わあ・・・、派手にやったねぇ・・・。」

驚く2人と、感心するギーシュ。
1人だけ反応が変だが、気にする余裕はない。
ゆっくりと晴れていく煙の中に、倒れたラリカの姿を見たときルイズとサイトは駆け寄っていた。
大きな爆発だったに関わらず、まったく汚れていないラリカの体。

 「ラリカ?!ラリカ!?」

彼女の体を抱き、呼びかけるルイズ。
サイトもその横で心配そうに見つめている。
そして、ゆっくりと見開かれる灰色髪の少女の瞳。

 「あ・・・れ・・・?どう・・・したの?」

ラリカの声。
あの狂気に満ちた声でなく、静かなラリカの声。
ワッと泣き出すルイズに、サイトの表情も砕ける。
そんな中、ラリカだけは何が起こったのか分からないといった表情で2人を見つめていた。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

つづく


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.02423095703125