<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

ゼロ魔SS投稿掲示板


[広告]


No.19944の一覧
[0] 【習作】ムカデの代わりの男(ゼロ魔三次創作)[あぶだび](2010/09/21 23:46)
[1] プロローグ ~ ムカデの代わり ~[あぶだび](2010/07/01 00:45)
[2] 第一話 『接触』[あぶだび](2010/07/01 21:00)
[3] 第二話 『自由を求めて』[あぶだび](2010/07/04 02:21)
[4] 第三話 『決意』[あぶだび](2010/07/04 03:01)
[5] 第四話 『再開』[あぶだび](2010/07/05 20:04)
[6] 第五話 『旅立ち』[あぶだび](2010/07/05 00:08)
[7] 第六話 『空高く』[あぶだび](2010/07/05 20:49)
[8] 第七話 『変わり始めた日常』[あぶだび](2010/07/11 22:31)
[9] 第八話 『闇の貴公子と絶望の魔女』[あぶだび](2010/07/11 22:28)
[10] 第九話 『魔剣』[あぶだび](2010/07/13 00:06)
[11] 第十話 『再々会』[あぶだび](2010/07/16 00:59)
[12] 第十一話 『うっとり』[あぶだび](2010/08/01 23:09)
[13] 第十二話 『使い魔』[あぶだび](2010/08/02 22:02)
[14] 第十三話 『契約』[あぶだび](2010/08/02 23:32)
[15] 第十四話 『精神汚染』[あぶだび](2010/08/17 21:01)
[16] 第十五話 『激戦』[あぶだび](2010/09/21 23:44)
[17] 第十六話 『本気』[あぶだび](2010/12/16 22:45)
[18] 第十七話 『兆し』[あぶだび](2010/12/18 00:17)
[19] 第十八話 『カリスマ』[あぶだび](2010/12/18 12:27)
[20] 第十九話 『擬態』[あぶだび](2010/12/19 21:12)
[21] 第二十話 『復帰』[あぶだび](2010/12/20 22:20)
[22] 第二十一話 『愛』[あぶだび](2011/04/23 20:34)
[23] 第二十一話 『愛』 ~番外編~[あぶだび](2011/04/23 20:34)
[25] 第二十一話 『愛』 ~追憶編~[あぶだび](2011/05/04 16:15)
[26] 第二十二話 『同化』[あぶだび](2011/05/04 21:56)
[27] 第二十三話『ムカデの代わりの男』[あぶだび](2011/09/04 00:17)
[28] 第二十四話『謀略』[あぶだび](2011/09/05 21:27)
[29] 最終話 『闇の貴公子よ永遠なれ』[あぶだび](2011/11/22 00:19)
[30] Episode2 『ムカデの代わりの代わりの男』[あぶだび](2012/02/04 10:10)
[31] 第1話「奇跡の少女」[あぶだび](2012/02/06 22:02)
[32] ムカデの代わりの男 最・終・章[あぶだび](2012/06/02 22:41)
[33] ムカデの代わりの男 最・最・終・章[あぶだび](2012/06/07 23:33)
[34] 【再開】 ムカデの代わりの男 -Revenge-[あぶだび](2015/01/22 21:46)
[35] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge-  2話[あぶだび](2015/01/24 01:37)
[36] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge- 3話[あぶだび](2015/02/04 23:32)
[37] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge- 4話[あぶだび](2015/02/08 00:01)
[38] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge- 5話[あぶだび](2015/02/10 21:15)
[39] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge- Final[あぶだび](2015/02/17 23:34)
[40] おわりに・・・[あぶだび](2015/02/17 23:44)
[41] ムカデの代わりの男 ~dark side moon~[あぶだび](2017/07/16 23:02)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[19944] 第二十二話 『同化』
Name: あぶだび◆3d7473a9 ID:100f1dff 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/05/04 21:56
話の途中、おじいさんは気づいていた。
孫が、またヴェルタース・○リジナルの味に酔いしれて自分の話を聞いていないことに。
だが、彼は止めなかった。
なぜなら、思いはきっと届くと信じていたからだ。
孫が自分にとって特別な存在であるならば、自分も孫にとって特別な存在であると。

話終わると、孫は彼の思いを察するように口を開いた。

「おじいさん…、とっても良かったよ。」

「孫よ…。」

安堵と共に、自然に涙が零れるおじいさん。

「どうじゃ孫よ。闇の貴公子の生きざま、お前の心にどう響いたのか教えておくれ。」

頬を伝う涙を拭いもせず、おじいさんは孫に微笑みかける。

「おじいさ…、いや…!じじい!!」

急に目を見開き、立ち上がる孫。
おじいさんが椅子から転げ落ちそうになったのは、それだけが理由ではなかった。
孫の額に、何か違和感があったのだ。
そう、卵のひび割れのような違和感が。

「ま…孫よ!?どうしたと言うんじゃ?!」

「じじい、テメェのおかげでようやく思い出せたぜ…。」

可愛かった孫の声が、こしゃまっくれた声に変わっていく。
さらに、彼女の額の「ひび」が顔全体に行き渡っていくではないか。

「な…なんじゃあああああ!?」

今度こそ椅子から転げ落ちそうになりながら、叫ぶおじいさん。
そんな彼の目の前で、孫は少しずつ姿を変えていった。
いや、姿を変えるのではなく、まるで卵から産まれるように「孫」という殻を破って新しい何かが誕生したのだ。

「ま…、まごぉぉぉぉぉぉぉ!!」

「ヒィヤァ~ッハッハッハッハッハァ!!」

逆立ったトサカの様な髪、そして蛍光ピンクのボディスーツ。
そう、闇の貴公子「ダイ・ユマ」である。

「デュマ様ふっかぁぁつ!!」

椅子から転げ落ちたおじいさんを見下し、デュマがニヤリと笑う。

「ま…孫は?ワシの可愛い孫はどこへ行ってしまったんじゃ?」

震えながら聞くおじいさんに、デュマの顔が更に明るくなる。

「ククッ、孫ねぇ…。」

「ま…孫は…!」

「テメェの孫は、オレの養分になって死んだ。」

「なっ!?」

「安心しろ、すぐにテメェも後を追わせてやるぜ。」

ニヤリと微笑むデュマを睨み付け、おじいさんは立ち上がった。
目を充血させ、額に血管を浮き立たせ拳を振り上げる。

「孫のかたきじゃあああああ!!」

おじいさんの魂の叫び、渾身の拳がデュマを襲う。
だが、所詮は老人の攻撃。
デュマは軽くかわすと、おじいさんに足をかけて転ばした。
渾身の拳が空振り、足をかけられた事で勢いよく地面に倒れるおじいさん。

「ぐぅ…っ!」

「ヒャハハハハハ!トロい!トロい!トロいぜぇ!!」

畳み掛けるように言うと、デュマは苦痛に悶えるおじいさんの頭を掴んだ。

「このまま、テメェを吸収するのは簡単だ。だが、オレはそうしねぇ。」

「なにをする気じゃあああああ!」

「このデュマ様の最後を知るテメェの博識な脳味噌は使える。」

「孫のいない世界など興味はないわぁ!後生じゃから一思いに殺してくれぇ!!」

「ダメだ。」

「ひぃぇええええええ!!」

叫び声と同時にデュマの腕が光り、ゆっくりとおじいさんは取り込まれてしまった。

「ヒャハハハハハ!どうだじじい!このデュマと同化した気分は!?」

一人になったデュマが、誰もいない部屋で語りかける。
自らの右手に。

そこには、おじいさんの顔があった。
そう、デュマのパワーによって、おじいさんは彼の右手と同化したのだ。
高笑いするデュマの手のひらで、おじいさんが目を開ける。

「気持ちいい…、気持ちいいですぞデュマ様ぁ!!」

「ヒャーッハッハッハァ!!じじい、貴様の知識、今後はこのデュマの右手として役立てるが良いわ!!」

「御意。」


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


つづく


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027154922485352