<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

ゼロ魔SS投稿掲示板


[広告]


No.19944の一覧
[0] 【習作】ムカデの代わりの男(ゼロ魔三次創作)[あぶだび](2010/09/21 23:46)
[1] プロローグ ~ ムカデの代わり ~[あぶだび](2010/07/01 00:45)
[2] 第一話 『接触』[あぶだび](2010/07/01 21:00)
[3] 第二話 『自由を求めて』[あぶだび](2010/07/04 02:21)
[4] 第三話 『決意』[あぶだび](2010/07/04 03:01)
[5] 第四話 『再開』[あぶだび](2010/07/05 20:04)
[6] 第五話 『旅立ち』[あぶだび](2010/07/05 00:08)
[7] 第六話 『空高く』[あぶだび](2010/07/05 20:49)
[8] 第七話 『変わり始めた日常』[あぶだび](2010/07/11 22:31)
[9] 第八話 『闇の貴公子と絶望の魔女』[あぶだび](2010/07/11 22:28)
[10] 第九話 『魔剣』[あぶだび](2010/07/13 00:06)
[11] 第十話 『再々会』[あぶだび](2010/07/16 00:59)
[12] 第十一話 『うっとり』[あぶだび](2010/08/01 23:09)
[13] 第十二話 『使い魔』[あぶだび](2010/08/02 22:02)
[14] 第十三話 『契約』[あぶだび](2010/08/02 23:32)
[15] 第十四話 『精神汚染』[あぶだび](2010/08/17 21:01)
[16] 第十五話 『激戦』[あぶだび](2010/09/21 23:44)
[17] 第十六話 『本気』[あぶだび](2010/12/16 22:45)
[18] 第十七話 『兆し』[あぶだび](2010/12/18 00:17)
[19] 第十八話 『カリスマ』[あぶだび](2010/12/18 12:27)
[20] 第十九話 『擬態』[あぶだび](2010/12/19 21:12)
[21] 第二十話 『復帰』[あぶだび](2010/12/20 22:20)
[22] 第二十一話 『愛』[あぶだび](2011/04/23 20:34)
[23] 第二十一話 『愛』 ~番外編~[あぶだび](2011/04/23 20:34)
[25] 第二十一話 『愛』 ~追憶編~[あぶだび](2011/05/04 16:15)
[26] 第二十二話 『同化』[あぶだび](2011/05/04 21:56)
[27] 第二十三話『ムカデの代わりの男』[あぶだび](2011/09/04 00:17)
[28] 第二十四話『謀略』[あぶだび](2011/09/05 21:27)
[29] 最終話 『闇の貴公子よ永遠なれ』[あぶだび](2011/11/22 00:19)
[30] Episode2 『ムカデの代わりの代わりの男』[あぶだび](2012/02/04 10:10)
[31] 第1話「奇跡の少女」[あぶだび](2012/02/06 22:02)
[32] ムカデの代わりの男 最・終・章[あぶだび](2012/06/02 22:41)
[33] ムカデの代わりの男 最・最・終・章[あぶだび](2012/06/07 23:33)
[34] 【再開】 ムカデの代わりの男 -Revenge-[あぶだび](2015/01/22 21:46)
[35] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge-  2話[あぶだび](2015/01/24 01:37)
[36] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge- 3話[あぶだび](2015/02/04 23:32)
[37] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge- 4話[あぶだび](2015/02/08 00:01)
[38] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge- 5話[あぶだび](2015/02/10 21:15)
[39] 【再開】ムカデの代わりの男 -Revenge- Final[あぶだび](2015/02/17 23:34)
[40] おわりに・・・[あぶだび](2015/02/17 23:44)
[41] ムカデの代わりの男 ~dark side moon~[あぶだび](2017/07/16 23:02)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[19944] 第六話 『空高く』
Name: あぶだび◆3d7473a9 ID:56adee96 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/07/05 20:49
デュマは死んだ。
だが、彼は所詮闇の帝王の肉片にすぎない。
そう、彼は何度でも蘇るのだ。

 「ウフフフ・・・、アハハハ!!ヒャァ~ッハッハッハッハッハッハァ!!」

肉片は驚くべきスピードで増殖し、闇の貴公子”ジャップル・デュマ”は復活した。
しかもただの復活ではない、もう1段階パワーアップして復活したのだ。
トサカのような髪は、触れば傷つくような鋭い刃のように。
そして、一番の違いはその身体にあった。
そう、デュマの身体は鳥になったのだ。
顔が人間で体が鳥、例えるならば人面鳥である。

 「ウヘヘ・・・、なんてこった・・・、恐ろしい肉体を手に入れちまったみてぇだぜ!!」

バッと、両翼を広げてみる。
「飛べる」と、彼は確信した。
前回のようにピョンピョンと跳ね回るのではなく、今は大空を自由に飛べるのだ。

 「ビームは出せないままだが、このパワーさえあればオレは無敵だ!!全てがオレに平伏すぞ!!」

 「我が半身ながら、見事なものよ!!」

そんなデュマを嬉しそうに見つめるのは、彼の産みの親”アブダビ・ニュードバイ”、闇の帝王である。

 「貴様の見てきた光景、このワシも拝見させてもらったが・・・実に面白い。」

 「あの灰色髪の小娘、どうやってオレを洗脳したかしらんが、次に会ったらこの”デス・ブレード”で八つ裂きにしてくれる!!」

頭を小刻みに振り、鋭利な刃物と化した髪の毛”デス・ブレード”を揺らすデュマ。
どうやら、死ぬまでの記憶は残っているようだ。

 「確かに、まったく似ておらぬのに、完全にお前はあの小娘をワシだと勘違いしておった・・・。何をやられたか覚えておらんのか!?」

 「儀式がどうとか言ってたぜ? どうせ、オレが寝てる間に何かしやがったんだろ?」

 「ラリカ・ラウクルルゥ・ド・ラ・メイルスティア・・・、恐るべき魔女よ!!」

 「ああん? 何クルルだって?そんな長ぇ名前の魔女は今の話になんの関係もねぇっしょ?」

眉を潜めるデュマだが、驚いたのは帝王だった。

 「お前、あの小娘の名前・・・覚えてないのか?貴様がヤツに呼び寄せられ、ビームが出なかったばかりに敗北した事あったよな?その時名乗ってたのを忘れたのか?」

 「知らねぇ。っていうかオレが負けるわけがねぇ。」

 「ほぅ・・・、なるほど・・・。」

 「なになに?なんなの?もったいぶらずに教えておくれよ!!」

意味深な帝王の態度を見て興味を示したデュマは、ペタペタと歩いて帝王に近づき、耳を傾ける。
そこで、デュマが気絶していることを良いことに、何かの儀式を行って記憶を改変したに違いないと言う推測を、帝王は語って聞かせた。
とても分かりやすかったので、デュマも納得した。

 「ち・・・ちくしょおおおおお!! ちくしょう!!ちくしょう!!ちくしょう!!」

両翼で地面を叩き、デュマは吼える。
その目からは大粒の涙が溢れている。

 「あの野郎、オレをコケにしやがって!!陛下、陛下と慕うオレを見て、馬鹿にしてたに違いねぇ!!」

キッと帝王をにらみ付け、デュマは続けた。

 「頼む陛下!!オレをあの世界へ!!憎っくきメイルスティアのいる世界へ戻してくれ!!」

 「その意気よ!!行けデュマ!!貴様の全身全霊をもって、メイルスティアを葬るのだ!!」

帝王が勢い良く手を上げると、その頭上に禍々しい空間が現れる。
それを確認し、ニヤリと笑みを浮かべるとデュマは羽ばたいた。

 「オレは闇の貴公子・デュマ!!待っていろメイルスティア!!貴様の髪の毛1本も、この世には残さぬ!!」

ショッキングピンクの羽毛に包まれた身体は宙を舞い、亜空間へと吸い込まれていった。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

                         つづく


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023598909378052